2017年24時間テレビのマラソンランナーは誰!?勝手に予想してみた

2017年の24時間テレビは8月26日~27日に放送されますが、今回話題になっているのが恒例・マラソン企画のランナー予想。

例年だと今ぐらいの時期にはランナーが発表され、本番に備えた練習が行われているころですが、何しろ今年は本番当日までランナーが誰なのかわからない。

こんなこと、いまだかつてありませんでした。「ろくな練習しないで本当に大丈夫なの?」と心配する声がネット上では上がっているようです。

 

それが普通の反応ですよね。もしもランナーが一人であるなら。

実は、私は当日発表で全然大丈夫だと予想しています。なぜなら「2017年の24時間テレビのマラソンはリレー形式で、数名で区間を分けて走るのではないか」と予想しているから!

 

リレーマラソンなら当日ランナー発表でもいける!

リレーマラソン、私もやったことあります。

日頃走りなれていない私ですら、5kmぐらいなら難なく走ることができました。少し練習すれば、10kmくらいなら無理なく走りきれると思います。

一人あたり10kmずつ走るとしたら、10人で走れば100km走ることになりますよね。例年の走行距離からして、100km前後の距離であれ企画として十分なんじゃないでしょうか。

全員が同じ距離を走らなくても、実力に合わせて走行距離に傾斜をつければみごたえも出るでしょう。

過去にも2012年の24時間テレビでは佐々木健介・北斗晶一家が4人で120kmリレーマラソンをした実例があるので、あり得ないことではないと思います。

 

リスクばかりの無謀な企画を実行するメリットがない

普通に考えて、たいした練習もせずに24時間かけて100km近く走りきるなんて無理な話です。

当日ランナー発表して、万が一その本人が拒否したら?その時点で企画倒れです。

空気を読んで走ってくれたとしても、途中でギブアップになることは目に見えています。しらけますよね。

無理をして途中で倒れて、取り返しのつかないことになってしまえば、企画倒れどころではすみません。放送事故レベルです。

そんなリスクのあることを、果たして日テレがやるでしょうか。

ランナーを当日まで明かさない理由を「その方が面白いから」としていますが、たったそれだけのためにこれだけのリスクをとるメリットがあるとは思えません。

百歩譲って、視聴率獲得を狙って視聴者にランナーが誰かバレないようにするというのならわかります。

でもランナー本人にも当日まで伝えないというのは、まったくもって意味がわかりません。

もしランナー候補が複数いてリレーマラソンをするというのなら、今までにないサプライズ感を狙ってのことだと納得できます。話題にもなるでしょう。

無理ない距離を設定すれば、リスクもほとんどないでしょう。

 

ヒントからランナー候補を考えてみる

ランナー予想のヒントとして、「当日武道館にいる人」「走る理由がある人」とされています。

メインパーソナリティーは発表されていますが、当日はたくさんの芸能人が武道館にいるでしょうし、「当日武道館にいる人」というヒントから予想するのはちょっと難しいですよね。

「走る理由がある人」というヒントがランナー予想のポイントになりそうです。

一から十まで、私の勝手な予想ではありますが。ランナー候補に挙がるのは、林家たい平、DAIGO、城島茂、大島美幸、佐々木健介・北斗晶一家、徳光和夫、はるな愛、イモトアヤコ、エドはるみ、萩本欽一、アンガールズ・・・

お気づきの方もいらっしゃるでしょうか。そうです、24時間テレビマラソンランナーを務めた歴代の芸能人の中から候補が挙がってくるのではないかと予想しております!

なぜそう予想したのか。毎年24時間テレビのマラソンランナーを務めている、坂本雄次トレーナーがひょっとして引退するのではないかと思ったからです!!

 

坂本雄次トレーナーを歴代のランナーが併走するという感動企画なのでは!?

私が考えたシナリオはこうです。

今回の24時間マラソンの本当の主役は、今までランナーたちの支えに徹してきた坂本雄次トレーナー。

坂本トレーナーから日テレ側に、「今年を24時間マラソントレーナー最後の年にしたい」という事前の相談があったと仮定します。

そこで日テレは、これまで多大な貢献をしてきた坂本トレーナーの24時間テレビラストランを盛大な企画にしたいと考えた。

坂本トレーナーはもちろん走ることを仕事としている方ですし、当日ランナーと併走することを前提に体作りをするでしょうから、24時間テレビ本番当日にいきなり「あなたがランナーです!」と言われても対応できるはずです。

でも芸能人ではない坂本トレーナーが一人で走るのも、正直企画としてのパンチ力に欠けますよね。

そこで歴代の24時間マラソンランナーを、リレーマラソン形式で併走につける、と。そういうことです。

今まで併走する側だった坂本トレーナーが主役となり、歴代の教え子ともいえる芸能人たちに併走されるという姿は感動を呼ぶでしょう。

例年通り事前にランナーを明かさず、当日まで秘密にするということも、視聴者というよりも坂本トレーナーへのサプライズだと思えば合点がいきます。

「その方が面白いから」という理由にもうなづけます。そしてリスクもほとんどなく、安全に企画を進めることがでるでしょう。

 

とは言ってもすべて私の妄想です☆

以上、私の単なる妄想とも言える、勝手なランナー予想でした。

ネットの反応見てると否定的な意見ばかりだけど、私はそんな悪意のある企画には思えなかったんですよね。本当は発表したいけど、訳あってできないんだ!そんな葛藤を感じた。

「今年のランナーは本番当日まで発表しません」と聞いたとき、すぐに私の頭の中にはこんな壮大な想像が広がったので文章にしてみたのでした(笑)我ながらすごい想像力・・・!

予想が当たったらどや顔で旦那に自慢するんだろうなぁ・・・。これで普通にランナー1人だったら恥ずかしいなあ・・・。

 

みなさんは24時間マラソンのランナー、誰だと予想しますか?

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ