映画「清州会議」の感想 あらすじとネタバレを少し

「清州会議」を映画館で見たのは今から1年ほど前のこと。

正直日本史は苦手なのでちょっと心配だったが、まったくの杞憂だった。

歴史がわからなくても、楽しめる!あとで歴史を調べたくなる!

もちろん時代背景や史実をわかっていた方がより面白いと感じるだろうとは思うが、歴史に自信がない人にも積極的におすすめしたい。そんな映画だった。

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]

あらすじ

本能寺の変で織田信長が死んだあとのこと。

織田家の跡継ぎをどうするかを決めるため、清州会議が開かれることになった。

信長の三男の信孝を推す柴田勝家(役所広司)VS次男の信雄を推す羽柴秀吉(大泉洋)の権力争い。

清州会議開催に向け、事前の根回しに奔走する勝家と秀吉のお話。

 

見どころ:登場人物のキャラクター

一番の見どころは、登場人物のキャラクターがたちまくっているところ。

それぞれがはまり役で、多少大げさに性格を表現されているのが面白い。

 

役所広司演じる勝家は、忠誠心が強く「ザ・サムライ」という雰囲気。でもちょっと頭が弱い。そして臭い。

大泉洋演じる秀吉はとにかくずるがしこく、腹黒い。でも何か人を引き付けるものを持っている人気者。

言葉巧みに相手を丸め込んで、味方を増やしていくところには感心してしまった。

 

そしてメインのこの二人の他に特に印象的だったのが、妻夫木聡演じる信雄。

バカ。見事なまでの、気持ちが良いくらいのバカ。信雄は「大うつけ」と呼ばれていたそうだが、それをストレートに表現した感じ。

物語中盤の「旗取り合戦」は特に面白くて吹き出してしまった。

 

とにかく出演している役者の演技は、みんなそれぞれハマリ役で素晴らしいものだった。

 

ネタバレ

清州会議は柴田勝家、羽柴秀吉、丹波長秀(小日向文世)、池田恒興(佐藤浩市)の4人の多数決により執り行われた。

最終的に勝ったのは秀吉。

秀吉は秘策として、信長の長男・信忠(すでに死亡)の息子、三法師を推したのだった。

三法師は信長の孫。

秀吉の言い分としては、信長の長男に当たる信忠は織田家の跡継ぎであり、その息子の三法師が跡継ぎになるのは自然な流れ。

「大事なのは血筋」。

この言い分が通り、多数決は秀吉の勝利となった。

 

感想

「清州会議」というタイトルではあるが、会議前の根回しのところを楽しむ映画だと言える。

日本史が苦手でもすんなり話を理解することができたし、わかりやすくて歴史の勉強になった。

印象的だったのは、剛力彩芽演じるお松。良い意味でとても不気味だった・・・是非注目してみてほしい。

↓↓清州会議小説版はこちら↓↓

清須会議

コメントを残す

このページの先頭へ