勉強が好きになる方法!最後に○○をするだけの簡単なテクニック

a1640_000217

この世に生まれ落ちたときから一生の付き合いになる「勉強」。

勉強が重要なのは何も学生のうちだけではありません。

形は変われど、大人になって社会へ出た後でも勉強する場面はたくさんあります。

資格試験に商品知識の勉強、礼儀作法、得意先の会社概要、パソコンの使い方などなど。

人間に生まれた以上、「勉強」はある意味宿命なのかもしれません。

勉強を好きになり、うまく付き合っていくことで人生はずっと有意義で豊かなものになりますよ!

ここでは勉強が好きになる方法、それも誰にでもできる簡単なテクニックをひとつ紹介します。

スポンサードリンク

勉強が終わったら、好きなことをする

勉強を好きになる簡単なテクニックは、「勉強が終わった直後に好きなことをする」。これだけです。

好きなことは何でも構いません。あなたが心から「楽しい、幸せだ」と思えることをすることです。

≪例≫
・甘いものを食べる。
・好きなアーティストの音楽を聞く。
・ゲームをする。
・ネットサーフィンをする。
・絵を描く。
・カフェで一息つく。

ポイントは「勉強が終わった直後にする」ということだけ。

30分など時間を決めて行うと、ダラダラすることもないのでおすすめです。

こうすることで、不思議なことにだんだん勉強が好きになっていきます。

 

ピーク・エンドの法則

このテクニックは、心理学でいう「ピーク・エンドの法則」を利用したものです。

「人間が持つものごとへの印象は、ピークのときの感情がどうだったか、そしてそれがどう終わったかで判定される」という法則です。

「終わりよければすべてよし」という言葉があるように、ものごとの締めくくりというものは人間の印象を左右する重要なものです。

勉強の最後に「好きなこと」をすることで、あなたの勉強に対する印象が好意的なものへと変わっていきます。

すぐにできる簡単なテクニックなので、是非今日から試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ