【結婚式】嬉しい引出物と嬉しくない引出物。個人的ランキング作ってみた!

私が結婚式を挙げるに当たって一番悩んだこと。

それは「引出物」・・・!!

かれこれ1ヶ月近く頭を悩ませました。

引出物って、新郎新婦の人柄がにじみでるものだと個人的には思っています。だからこそ、下手なものは贈れない・・・!!

かといって、高額な引出物を贈れるほど予算に余裕もなく。

夫は「料理のグレードを高いやつにしたから、引出物は相場金額のカタログで良いんじゃない?」と言ってましたが、私はどうしてもこだわりたくて。

お金は正直、あまりかけられない。でも予算内でも、センス良く選べばゲストに満足してもらえる引出物が贈れるはず!!

悩んだ末、私たちが選んだ引出物は何だったのか!?

これは最後にご紹介するとして、まずはもらって嬉しい引出物と嬉しくない引出物のランキングを独断と偏見で作ってみたのでご覧下さい。

念押しして言っておきますが、マジで個人的なランキングです。あしからず。

 

もらって嬉しい引出物ランキング

  1. お皿(日常使いできる中皿)
  2. 食品
  3. フェイスタオル
  4. 日用品
  5. カタログギフト

 

もらって嬉しくない引出物ランキング

  1. 新郎新婦の名入り・写真入りグッズ
  2. マグカップ、コーヒーカップ、グラス類
  3. 皿(大皿)
  4. 食品(嫌いなもの、食べられないもの)
  5. カタログギフト

 

以下詳細について解説して行きますよ~!

 

もらって嬉しい引出物ランキング 第1位:お皿(日常使いできる中皿)

シンプルなデザインのものが吉。盛り付けを想像して

何だかんだ引出物の定番なだけあってもらうと嬉しいのはお皿!自分では100均やニトリの安い皿しか買わないので、引出物でいただくと「やったー!」となります。

個人的には日常生活の中で使いやすい中皿が良いな。あまりにも奇抜なもの(ファンシーすぎる柄とかキャラもの、個性の強いかたち)は避けて欲しいのが本音です。

食事を盛り付けたところを想像して、美味しそうに見える&使い勝手の良さそうなお皿がベスト!センスに自信がない場合は、白いお皿が無難。2枚以上のセットものが家族や夫婦で使いやすいですね。

あと欲を言えば、軽い方が持ち帰るときにラクで助かる!私も友人の結婚式で何度かいただきましたが、どれもありがたく使わせていただいています♪

新郎新婦によってデザインのチョイスに微妙な違いが出るのも、贈り物としては楽しいところ。自分の地元に窯元があれば、そこのお皿を選んでみるのも程よく「らしさ」が出て素敵ですよね!

 

もらって嬉しい引出物ランキング 第2位:食品

贈る相手に合わせて、ふさわしいものを選ぼう

お醤油やおだし、ドレッシングなどの調味料、飲む酢やフルーツジュースなどの飲料、有名店の焼き菓子、ちょっとお高いレトルトカレー、スープのもとなど、食品は主婦的にはとっても嬉しいです。

たとえ1,000円のお品でも、普段買っている食品からしたら結構お高め。「自分用には贅沢過ぎて買わないもの」はもらって嬉しい贈り物の鉄則なんじゃないでしょうか。

個人的には調味料関係が特に嬉しいですね。引出物でいただくようなものは、スーパーではお目にかかれないめずらしいものが多いので、いつもと違う味が楽しめて嬉しいです。

それから引き菓子とは別にドライフルーツのおしゃれなケーキが入っていたことがあって、そのときもとっても嬉しかったですね。甘い物大好きなので!

相手が男性の方であればレトルトカレーやコーヒーセット、お酒なんかも良いかもしれません。ゲストの好みに合わせてチョイスしましょう。

 

もらって嬉しい引出物ランキング 第3位:フェイスタオル

タオルはブランド&品質重視で!

タオルも必ず使うものなので、個人的にはもらうと嬉しい引出物です。ボリューミーなタオルは引出物袋の中身を貧相に見せない、かつ軽いので、なんだかお得感がありますよね。

我が家には自分で購入したタオルがほとんどありません(笑)結婚式かお中元、景品でもらったものばかりです。

ただしタオルは市販品をみても値段がピンキリなので、ブランド力があるタオルメーカーのものが嬉しい&引出物にふさわしい感じがしますね。例えば今治タオルとか。

無名ブランドでも、触感の良い厚めのふわふわタオルだったら嬉しいかな!反対に品質がイマイチなタオルだと、「な~んだ」とがっかり感が半端でないので注意が必要です。

また、タオルはサイズ感も重要だと思います。私はハンドタオルを引出物でいただいたことがありますが、小さすぎてちょっとがっかりでした(笑)

「せめてフェイスタオルくらいの大きさにしておくれ~」というのが本音。バスタオルも嬉しいけど、使用頻度を考えたらバスタオル1枚よりもフェイスタオル2枚とかの方が個人的には嬉しいです。

 

もらって嬉しい引出物ランキング 第4位:日用品

気心の知れた友達にこそ贈りたい、こだわりの逸品

キッチンツールセットや化粧筆、電気ケトル、靴磨きセット、壁掛け時計、ハンドクリーム・シャンプー・入浴剤などの美容品。こういった日用品も、個人的にはもらって嬉しい引出物です。

思いもよらない名品に出会えたら感動ものですよね!ただし、すでにゲストが持っていないかや日常で実際に使えるものか多少のリサーチが必要なのが難しいところ。

日頃から仲良くしているような友達向けの引出物と言えそうです。親戚や会社関係の方にはちょっと現実的でないかも。

私はとあるブランドのボディークリームを引出物でもらったとき、かなり嬉しかったのを覚えています。知らないブランドのものでしたが、使ってみるとその品質の良さが一目瞭然!

引出物でいただかなかったら一生出会うことのなかったものだろうなーと思うと、「いいものをありがとう!!!」という気持ちでいっぱいでした。

自分の審美眼に自信がある方はぜひ。

 

もらって嬉しい引出物ランキング 第5位:カタログギフト

単身者、若者、遠方からの参加者にぴったり

まだ結婚式慣れしていない、若々しかったころには「自分で好きな物を選べるなんてすごい!!!」と感動した、引出物の定番・カタログギフト。

何十回も結婚式に出席したことがある今では珍しいものではなくなりましたが、ちょうど欲しかったものが載っていると「おっ!」となりますよね。

私は過去にカタログギフトを使って、包丁セット、傘立て、万歩計、電気ケトル、お高い洗剤、他食品類を申し込んだことがあります。

特に単身のころは、身の回りの足りないものをカタログギフトで補えてありがたかったですね。

また、新幹線や飛行機を使って移動するような遠方の結婚式のときには軽い&かさばらないのが嬉しかった!!

 

以上、もらって嬉しい引出物ランキング(超個人的)でした!

続いて、もらって嬉しくない引出物の詳細についても軽~く解説します。

あまり否定するのは性分じゃないので、軽~くね。

 

もらって嬉しくない引出物ランキング 第1位:新郎新婦の名入り・写真入りグッズ

幸せいっぱいなのは大変結構なんですが、嬉しいか嬉しくないかで聞かれたら・・・^^;

新郎新婦の名前や写真が全面に押し出されたお皿。マグカップ。その他もろもろ、後に残るようなものだと正直処分に困ります!(汗)

ただし「お菓子のパッケージが新郎新婦仕様!」みたいなのは、消えものだからもらっても困らないですし、オリジナリティがあってとっても良いと思います!

 

もらって嬉しくない引出物ランキング 第2位:マグカップ、コーヒーカップ、グラス類

「カップ類はたくさん持ってるよ~!!」という人が圧倒的に多いんじゃないでしょうか。

結婚式の引出物だけでなく、誕生日プレゼント・昇進祝い・歓送迎会・ゲーム大会・販促品などでゲットする機会が多いものですよね。個人的にはちょっとチープな感じがするかも?

私、飲み口の直径4㎝くらいの細長いシャンパングラスをいただいたことがあるのですが、これが洗いにくいのなんの…結果戸棚の奥で眠っています(涙)せめて洗いやすいものを選んで欲しかったです。

 

もらって嬉しくない引出物ランキング 第3位:皿(大皿)

これは家庭の状況によるかな。お客様をよく招く家庭や、大家族だと重宝するのかもしれないけど、そうでなければ出番がなかなかないですね。そして重い(笑)

個人的な意見ですが、お皿はやっぱり中皿が一番使い勝手が良くて嬉しいかな。

 

もらって嬉しくない引出物ランキング 第4位:食品(嫌いなもの・食べられないもの)

やっぱり自分が嫌いなもの・食べられないものをもらってしまうとがっかりしますよね。

ゲスト全員の好き嫌いを完璧に把握するのは現実的に難しいのである程度仕方がないことですが、例えば、アルコール飲めない人や妊婦さんに「お酒」とか。甲殻類アレルギーの人に「伊勢海老の味噌汁」とか。

そういうレベルの粗相はないように注意したいですね。

 

もらって嬉しくない引出物ランキング 第5位:カタログギフト

さて、もらって嬉しい引き出物ランキングでも第5位だったカタログギフトですが。結婚式慣れした今では、正直そこまで嬉しいものではなくなってしまっています。

システム利用料が引かれていることも知ってしまっているので、それだったらカタログギフト相当額の何かを新郎新婦が選んでくれた方が嬉しいなーと思ってしまいます。

自分で選んではがき出すのもちょっぴり面倒なんですよね。最近では選ぶのが面倒なので、「ソーセージ・ハムの詰め合わせ」に毎回固定して注文してます(笑)

 

 

さて、ここまで結婚式で「もらって嬉しい引出物」「もらって嬉しくない引出物」を個人的なランキングにして解説してきました。

でもね、「個人的な」という部分が超重要です!!!その人その人によって、嬉しい・嬉しくない引出物は全く異なるもの。みんな、私の個人的意見に惑わされないで!!!(笑)

私もさんざんネット検索で調べたけど、結局人の好みに大きく左右されるから、最後は自分の考えに基づいて決めるしかありません。

 

「ゲスト全員が満足する引出物」はムリです。

そもそも、ゲストは結婚する二人のお祝いが第一目的できているのですから、引出物にケチをつけるような人はそうそういないはずです。

品物が何であれ、新郎新婦が納得して、ゲストのためを想って用意した引出物がベストなのです。

 

今思い返してみれば、私がちょっと不満を抱いてしまった引出物は、あまり親しくない人からいただいた品物たちでした。

(疎遠になっていたのに結婚式にだけ呼んできた友達、旦那の同僚などなど)

本当に心から「おめでとう!!!」を言える人たちの結婚式は、引出物に限らず全てが素晴らしく感じたものでした。

結局、「本当に大切な人たちしか呼ばない」というのが引出物選び、そして結婚式成功の秘訣なのかもしれませんね。(とドヤ顔で言ってみたり…)

 

さてさて、すっかり長くなってしまいました。

最後に私が自分の結婚式で選んだ引出物を、参考までにご紹介したいと思います。

これでも1ヵ月間 思考錯誤の末に選んだ厳選の品なんですよ~~(涙)

  • 引き菓子(バームクーヘン)
  • 食器(22cmサイズ、和柄の少し深さがあるタイプ2枚組)
  • 地鶏を使った、地域限定レトルトカレー
  • 縁起物の詰め合わせ
  • ゲストの名入れ品

それぞれ一品あたり1,000円前後のものを選んだので、実は合計で定価5,000円相当。(会社上司、親族は一部中身を替えて8,000円相当)

式場の割引が効いて30%オフしてもらったので、実質3,500円負担でした。割引後3,500円ってちょっと安すぎ??(汗) いやー、料理代に相当お金をかけたので多めに見てほしいです(汗)

決して豪華とは言えない引出物でしたが、ゲストからの評判は割とよかったです。特によく聞こえてきた感想が、

「5品もいろいろ入っていて、嬉しかった&開ける楽しみがあった」

「食器がセンス良くてよかった!使い勝手がよく重宝している」

というもの。

私自身、引出物袋の中がスカスカなときよりも、いろいろ入っている方が楽しくて好きなので5品にしました。

一点豪華主義ももちろん素敵ですが、それは品物の価値がわかる人限定なのかな、と。そうでない人にとってはたくさんもらえた方が単純に嬉しいですよね~!!

また、お皿は私自身が気に入って二組購入したほどお気に入りのものでした!やっぱり「自分も購入したい!」と思えるくらいのものを選ぶのが良いのかもしれませんね。

 

私の超個人的なランキングがだれかのお役に立てることを祈りつつ、今日はこの辺でさようなら!

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ