【結婚式】カクテルドレス色選びで私が気をつけたこと。高いけど好きなものにするかどうか

私事ですが、今年4月に結婚式を挙げました。

最初は結婚式を挙げること自体「どうしようかな~お金かかるしな~~」と完全に乗り気なわけではなかったんですが、「結婚式、絶対やってね!!!」という両親の強い希望に後押しされ挙げることになりました。

結果として、結婚式やって良かったな!と心から思います!!あんなに楽しくて思い出に残る一日になるとは・・・正直想像以上!!!

忙しい日々に振り回されて忘れがちな周りの人たちへの感謝の気持ちも、改めて沸いてきたし。

結婚間近な友人とかから聞かれたら、私は迷わず「結婚式、絶対挙げた方が良いよ!」と答えています。

 

カクテルドレス色選びの際のアドバイス

結婚式をする上で、まず最初に私が悩んだのはドレス選び。(式場は前々から心に決めていたところがあったので)

とくにカクテルドレスは苦労しました・・・!ウエディングドレスは試着1日であっさり決まったんですが、カクテルドレスは色がたくさんあるので中々候補を絞れず。

最初はピンクかオレンジを希望してましたが、最終的にミントグリーンというまったく違う色味のものに決まりました(笑)

経験者として声を大にして言いますが、自分の好みの色と自分に似合う色は違います!!!

だからドレスの試着には誰かについてきてもらいましょう。できれば女性と男性の両方に。私の場合は母と夫に見てもらい、似合うドレスをアドバイスしてもらいました。

実際に試着についてきてもらうのが難しい場合は、試着したときの写真を撮っておいて見てもらうのもアリです。

それから事前にパーソナルカラー診断をして、似合いそうな色に目星をつけておくのもおすすめ!パーソナルカラー診断ができるサイトを二つ挙げておきますので、ぜひ一度やってみてください。

>>カキモトアームズ パーソナルカラー診断

>>スキンケア大学 パーソナルカラー診断

 

ドレス、高くても好きなものにした方がいい?

結婚式を挙げた人ならみんな共感してくれると思うんですが、ウエディングドレス代、カクテルドレス代って本当高いんですよね~^^;

そして必ずぶつかるのが、予算の問題。気に入ったドレスが見つかったけど、大幅に予算オーバー・・・という悲しい状況。

私の個人的な意見ですが、「高くても好きなドレスを着た方が絶対に良い」です。

一生に一度の結婚式。晴れ姿は写真や動画として一生残ります。たかがドレス、されどドレス。

「このドレスが一番私に似合ってる!!」という自信を持って着ていれば、当日の輝きや幸福感も違ってきます。

人生のうちのたかがウン十万円です!!!!好きなドレスを着ましょうよ!

ドレスで予算オーバーした分は、他のところで節約すれば良いんです。例えばペーパーアイテムやプロフィールムービーを自作するとか。

式が始まる前、もしくは終わった後で頑張って節約生活して穴埋めするとか。方法はいくらでもありますよ~~!

私もドレスは結構高いものになってしまいましたが、妥協しなくてよかった~!と今でも思います♪

 

理想のドレスを着るためには式場選びも重要です

結婚式が決まってまずすることと言えば、式場決めと日程決め!

式場選びのときには、ドレスの持ち込みや提携先のドレスサロンについて確認をしておくことをお忘れなく。

式場によって提携しているドレスサロンがあると思うんですが、その提携先以外で借りたドレスやオーダーメイドのドレスを持ち込む場合には、持ち込み料がかかる場合があるからです。

そもそも持ち込みを禁止してしている式場も中にはあります。

  • ドレスの持ち込みができるかどうか
  • 持ち込み可の場合は、どのくらいの手数料がかかるのか
  • 提携先のドレスショップはどこか
  • ドレスの金額はいくらぐらいから用意があるか

くらいは契約前に確認しておいて損はありません。

とことんドレスにこだわりたいっ!!!という場合は持ち込み料のかからない式場を選んだ方がいいかもしれませんね。

ちなみに持ち込み料は五~十万円とか普通に取られます。(高っ!!)

「私はそこまでこだわりが強くないから、ドレスは何でもいいわ」という人も、試着してたら意外と願望が出てくるかもしれませんよ~~!!提携先のドレスの種類が何百種類あったとしても、以外と気に入るドレスってなかったりするんですよね~^^;

式場提携のドレスサロンだと、20万円以下のドレスは相場的にイマイチなデザインなことが多いです・・・(汗)

納得いくデザインのものを選ぼうとすると平気で30万円、40万円、50万円かかったりします。なぜこんなに高いのかというと、式場が中間マージンを取っているから。。。

契約した式場のドレスが高い場合、持ち込み料を払ってでも他でレンタルしたりオーダーメイドした方が安い場合も(笑)。

だからいざというときのため、最低でも持ち込み可で、持ち込み料がなるべく安い金額(五万以下だと嬉しいですねっ!)の式場にすることをおすすめします~。

 

ウエディングドレス・カクテルドレスは早めに予約しよう

式場が決まったらいよいよウエディングドレスとカクテルドレスを決めていきます。

結婚式までの期間がどのくらいかにもよると思うんですが、招待状作成、席次決め、食事コース決め、引出物手配、式の進行打ち合わせなんかはその後の作業になります。

ウエディングドレス、カクテルドレスは早めに選ぶに超したことはなし!

なぜなら、可愛いものから順番に抑えられてなくなっていくから!!!

自分の好みのドレスをじっくり見つけるためにも、結婚式の日取りは余裕を持って設定するのがおすすめです。

 

一生に一度の結婚式。みんなが自分に似合う運命のドレスと出会えることを祈っています・・・♪

コメントを残す

このページの先頭へ