【ネタバレ有】映画「ホタルノヒカリ」蛍とぶちょおのイチャラブコントが可愛い

人気漫画が原作で、ドラマにもなった「ホタルノヒカリ」。

ドラマだけでなく映画化もされ、綾瀬はるか演じる干物女・雨宮蛍が話題になりましたね。

映画「ホタルノヒカリ」は、結婚した蛍とぶちょお(藤木直人)がローマへ新婚旅行に出かけるというあらすじです。

ただ蛍は「お家大好き、外出はめんどくさい!」という根っからの干物女。

ローマへ向かう準備をさせるだけでもぶちょおは一苦労です。

映画の序盤から繰り広げられる蛍とぶちょおのコントは、微笑ましくて可愛いので必見です。

ホタルノヒカリ 漫画文庫 全7巻 完結セット (講談社漫画文庫)

蛍とぶちょお、ローマに新婚旅行に行く決心をする

映画の冒頭、ぶちょおが「新婚旅行でローマに行きたい」と蛍に話すシーン。

なぜかネコ語で話す蛍。唐突に始まる「アルプスいちまんじゃく」が謎です。

=======================================

蛍:いいですにゃん!

ぶちょお:え、いいのか?

蛍:行きますにゃん!

ぶちょお:本当に!?海外だぞ!イタリアのローマだぞ!

蛍:いいですにゃん!行きますにゃん!

わかってますよ、私と世界をまたにかけていちゃいちゃしたいんでしょ?いいじゃないですか、いちゃいちゃ。仲良くお揃いの服でも着て、遠い異国の地で、愛のメロディー、奏でましょう!

ぶちょお:雨宮・・・!

蛍:アルプースーいちまんじゃーくーこーやーりーのーうーえで♪

 

魅力(みりき)でイチコロになるの巻

なぜかイタリアといえば「ナポリタン」だと思い込む蛍。

さらっと蛍にべた惚れ発言をするぶちょおが可愛いやら、おそろしいやら・・・。

=======================================

蛍:イタリアと言えば・・・ナポリタンですね!本場の味、ナポリタン。よーし、私の魅力(みりき)で、イチコロにしてやるぅ!

ぶちょお:ナポリタンを?

蛍:ぶちょおをですよ!私がローマで本場の味ナポリタンをかっくらってる姿を見て、ぶちょおが私の魅力(みりき)でイチコロになるの巻です!

ぶちょお:君がローマで、本場の味、ナポリタンをかっくらう姿を見せなくても、俺はすでに君の魅力(みりき)にイチコロだ。

蛍:いやーん!

 

スーツケースに住みつくにゃんこ&ころころ遊び

なかなか旅行の準備をしないので、蛍のスーツケースにネコが住みついたようです。ネコをにゃんこと呼ぶぶちょおが可愛い!

蛍はぶちょおのウンチクを完全無視(笑)

最後には蛍に丸め込まれるぶちょお。ある意味手のひらで踊らされています。

=======================================

ぶちょお:君のスーツケースににゃんこが住みついているのを、君は知っているのか?

蛍:あー・・・

ぶちょお:旅行に行く準備をすると言いながら、スーツケースを広げたままにしておくから、にゃんこがこれ幸いと移住してきたんだ!

蛍:だってぇ、ローマにナポリタンはないっていうじゃないですかぁー。

ぶちょお:ナポリタンは日本生まれの和製洋食だから・・・(以下略)

蛍:・・・ぶちょぉー。(寝転がって、畳をドンドンとたたく)ぶちょお、ぶちょお♪

ぶちょお:ころころころころ・・・

蛍:ヤッホー!うー幸せー♪

 

ぶちょお、ひとりでイタリアに行く決心をする

半年たっても蛍が旅行の準備をしてくれません。

そんなとき、ぶちょおにイタリアでの仕事が入ります。ぶちょおは仕方なくひとりでローマへ向かうことを決心。

その姿にいたたまれなくなった蛍は、ついにイタリア旅行の準備を始めます。

=======================================

ぶちょお:(スーツケースを準備しながら)ローマの見本市に行くんだ。

蛍:見本市?仕事ですか?

ぶちょお:ああ。新婚旅行は、君がその気になるまで、何年でも何十年でも待つことにした(ニッコリ)。

蛍:ずきゅんばきゅん!ぶちょお、何十年も経ってから行く新婚旅行は、新婚旅行では・・・

ぶちょお:うるさいなあ。もういいんだよ。ローマへはひとりで行くことにした。

蛍:よくないです!私も一緒に行きます!大丈夫です、すぐに準備するから、いい子で待っててね♪

ぶちょお:うん・・・♪

 

蛍、命がけの海外旅行

干物女、雨宮蛍にとっては、海外旅行なんて命がけの所業・・・!

ぶちょおに海外旅行にかける覚悟を宣誓します。

=======================================

蛍:私決めたんです。このプライベート初の海外旅行、何が何でも乗り越えてみせます!死にもの狂いで闘ってみせます!

雨宮蛍、命をかけて・・・海外旅行に挑戦してみせます!

ぶちょお:・・・(むくれた顔をする)

蛍:はっ!すみません!もう一回言い直します。

「私はこのプライベート初の海外旅行、死にもの狂いで闘ってみせます!高野蛍、命をかけて!」

ぶちょお:ウンウン!(ニッコリ)

蛍:高野蛍、命をかけて!

蛍・ぶちょお:ビバ☆レッツ海外ー♪

 

以上、映画「ホタルノヒカリ」、蛍とぶちょおのイチャラブコントでした。

映画の端々に淡々とコントがぶっこまれてくるのでビックリです。

まさにラブコメとはこのことだなぁと思い知らされる映画でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ