つわりが辛すぎ・・・胃のむかつきと吐き気が止まらない。軽減する方法を探るの巻

「やだ・・・もしかして、私のつわり酷すぎ・・・??」

といわんばかりに、つわりに悩まされております↓↓ そんな妊娠5週目。

 

胃がムカムカして、吐き気が止まらない。(でも吐けない)

食欲がない。ついでにげっぷもでる。たまに生理痛みたいな軽い下腹部の痛みがある。

そう。体調最悪です。絶不調です!!!!つわりなめてたぜ、URYYYY!!!(テンションがおかしい)

会社が休みなのがせめてもの救い・・・

 

頭の中はつわりとおなかの中にいるであろう赤ちゃんのことでいっぱいです。カオス。

気持ちを落ち着けるためにつわりについて検索しまくりました。

同じくつわりに悩まされている同士(妊婦)の方、妊娠希望でつわりに戦々恐々されているお嬢さん方のためになれば本望です・・・。ぐふぅっ!!

 

なんでつわりが起きるのか???→原因は不明でぇーす

幸せの絶頂にあるべき妊娠初期。なぜにこんなにつらく苦しい思いをしなければならんのか。

ええ、調べました。調べてやりましたよ、つわりの原因というものを。

 

答え→諸説ありますがはっきりとした原因は不明でーす!!!

 

はぁあぁ!?・・・こんなアホな話があるかい???あっていいのかいぃぃ???妊婦をもてあそばないでっっ涙

どうやら「妊娠すると出るホルモンのせい」だとか「体がアルカリ性から酸性に傾くから」だとか「心理的なもの」だとかいろいろな説があるようです。ですが。

はっきりとした原因はふ・め・い♪うふふ。

 

つわりになる人、ならない人の違い。つわりの種類は千差万別

私には到底信じられない話ですが、この世にはつわりになる人とならない人が存在します。

とはいっても、大半の妊婦は大なり小なりつわりを経験するようですが。つわりの症状ない人がうらやましすぎるぞ!!

 

つわりになる人、ならない人の違い。

もともと胃腸が弱かったり、冷え性持ちだったり、ストレスにさらされているとつわりの症状が出やすいそうな。

はいはい、私全部に当てはまるーーー☆orz つわり不可避ーーー

 

そうそう、つわりの症状の種類もいろいろあってですね。

とにかく気持ちが悪くて吐いたり、食欲がなくなったりする「吐きづわり」。

食べないと気持ち悪くなるので常に食べ物を求めてしまう「食べづわり」。

匂いに敏感になって、匂いによって吐き気がもよおされる「匂いづわり」。

よだれが止まらない。よだれでおぼれそう。よだれ飲み込むと吐きそう。「よだれづわり」。エトセトラ。

 

そうです、私は「吐きづわり」と「匂いづわり」のハイブリッドです。

本当にお疲れ様でした、解散っっっ!!!!

 

つわり地獄。いつまで続くのか

つわりの症状は大体5~6週くらいに始まり、8~11週でピークを迎え、3~5ヶ月ぐらいでおさまる、という人が多い様子。(もちろん個人差あり)

 

私は生理予定日過ぎたくらいから、すでにつわりの自覚症状ありましたし。

人によってはおさまったかと思ったら、またぶり返す人もいるみたいですし。

時間によって、日によって、週によって。つわり→回復→つわり→回復→つわり→回復→∞ を繰り返す人もいますし。

下手すりゃ産後づわりなんてものもあるくらいですし。

個人差の範囲を超えるくらい、期間ブレブレですし。正直一般論は当てになりません。

 

ただひとつ言えるのは、「少なくとも一生つわりが続くことはない」ということ。それだけだ。

 

私が認めるつわりを軽減する方法

つわりの原因が不明な限り、万人に効くつわりを軽減する方法なんてないことはわかりきったことなんですが。

私が「有効ーーーー!!!!」と判断した吐きづわり軽減法を紹介しましょう。

  • 水気の少ない食べ物をちょっとだけ食べる(カロリーメイトとかクッキーとか)
  • 食べられそうなものを食べられそうなタイミングで食べられる量だけ食べる。偏食とか気にしない。
  • 体を休める。横になる。寝る。
  • 炭酸水を飲んでゲップを出す。
  • 脂っこいものや消化に悪いものは食べない。
  • こまめにトイレに行って、出せるものは出す。
  • トリガーになりそうな匂いのものをなるべく自分のテリトリーから遠ざける。(炊飯器、ごみ箱、旦那の灰皿、スーパーの総菜売り場など)
  • ストレスをためない。嫌なことを考えない。暗い音楽を聴かない。

おなかの赤ちゃんのことを考えると、「無理してでも栄養バランスの良い食事をきちんと食べなきゃ!」と考えがちですが、つわりのときは神経質にならなくても大丈夫らしい。

なぜなら赤ちゃんは問答無用でお母さんから栄養を奪い取って成長していくから!!!!!

だからつわりの期間だけ食が細くなったり偏食したりしても、結果多少痩せてしまっても大した問題じゃない。

ただ、水分さえも取れなかったり、血反吐を吐くような状態だったりすると母体が危ないので、さっさと病院に行きましょうね。

 

私はつわりがひどい日には、会社もお休みするつもりです。

「つわりで会社を休むのは甘え」

「病気じゃないのに大げさだ」

そんな心ない言葉を投げつけるバカヤローも世の中にはいるようですが。

 

つわりで会社を休むのは甘え→いっぺんおまえのデスクで吐いてやろうかあぁぁー!!!!絶え間なく!!!!

病気じゃないのに大げさだ→病気じゃねーから薬も飲めねーんだよ!!!!病気じゃねーから下手すりゃ産むまで治んないんだよ!!!!

想像力と思いやりの欠如したバカヤローにはこう言い返してやりましょう。心の中で。

 

人ひとりの命がかかってるんですよ。

おなかの赤ちゃんは、お母さんにしか守れないんですよ。

無理して万が一のことがあっても、会社は責任を取ってくれないんですよ。

だから、私は無理せず、しんどいときは会社を休む!!!

 

つわりでしんどい妻のために夫ができること

世の中のパパになろうとしている男性方、よーく聞いてくだしぃ。

 

「悪阻」と書いて「つわり」と読む。

悪・・・不快の意。

阻・・・けわしいの意。

とにかく不快でけわしい戦い・・・それがつわり・・・

 

私たち妊婦は、辛い辛いつわりに耐え抜き、重たい腹を抱え、痛い痛い思いをして、文字通り体が裂けても、それでもあなたの子どもを生みたい。

その一心で必死で戦っているわけです。パパも仕事で大変でしょう。でもね。

妻を労ってあげる優しい夫でいてください。

せめて妊婦の間だけでも、家事を積極的にやってください。

 

出産は女にしかできない。でも家事は男にだってできる。

 

結論

  1.  つわりはマジでしんどい
  2. 食べれるものを食べれるときに食べたい量食べる
  3. ヤバいときは会社も家事も休む
  4. 夫のサポート、マジで大事
  5. つわりは、いつか終わる

以上。

コメントを残す

このページの先頭へ